• 印刷する

ルソン南端までの鉄道、中国支援で来年着工

フィリピン国有鉄道(PNR)の南長距離プロジェクト(首都マニラ―ソルソゴン州マトノグ)が、2019年第2四半期(4~6月)にも着工される見通しだ。22年第2四半期に一部運行を始める計画という。地元紙マニラスタンダードが伝えた。

事業を提案したジョーイ・サルセダ下院議員(アルバイ州選出)によると、今月に予定される中国の習近平国家主席のフィリピン訪問の際に、政府開発援助(ODA)の契約が締結される予定だ。

計画によれば、1,750億ペソ(約3,730億円)を投じて既存線の改良や新線の建設を行い、全長639キロメートルの路線を整備する。マニラ市からラグナ州ロスバニョス、バタンガス州バタンガス、ケソン州ルセナ、グマカ、南カマリネス州ナガ、アルバイ州レガスピ、ソルソゴン州ソルソゴンを経て、ルソン島南端のマトノグに至る。

マニラ―レガスピは5時間以内に短縮される見込み。サルセダ議員は「広大な南部タガログ地方とビコール地方の潜在的な経済力が発揮されるようになる」と述べた。

路線の建設は、ドゥテルテ政権による大規模なインフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」の一部で、既に土地収用が始まっている。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イベント開催一部容認、安全対応も必要に(12/04)

20年GDP9.5%減に下げ 政府予測、コロナの影響深刻(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

コロナ感染新たに1061人、計43万5413人(12/04)

10月の失業率8.7%、一段と改善(12/04)

マニラ首都圏、子どものモール入館認めず(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

外国商議所、今後10年で500億ドル投資(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン