海洋温度差発電所の建設、日イ政府が協力

インドネシアと日本の両政府は、インドネシアで海洋温度差発電所(OTEC)の建設に向けたパイロットプロジェクトを実施する。発電容量は1,000キロワット。 10月25日には首都ジャカルタで、OTECのパイロットプロジェクトに向けたビジネスミーティングが開かれた。海洋エネル…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

バンドン高速鉄道、首都―カラワンが15分(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

米エクソン、下流事業に多額投資を準備(07/23)

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン