海洋温度差発電所の建設、日イ政府が協力

インドネシアと日本の両政府は、インドネシアで海洋温度差発電所(OTEC)の建設に向けたパイロットプロジェクトを実施する。発電容量は1,000キロワット。 10月25日には首都ジャカルタで、OTECのパイロットプロジェクトに向けたビジネスミーティングが開かれた。海洋エネル…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(18:23)

認可制度の抜け穴で森林破壊=環境団体(21:40)

違法フィンテック、20年は1200業者を摘発(20:47)

テイクオフ:コロナ下で2度目の断食…(04/14)

現代自がEVの充電器設置 リッポーと、民間企業の設置進む(04/14)

ダイハツ1~3月小売り3万台、3月伸長(04/14)

バラン・エナジー、電動バイクを限定販売(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン