• 印刷する

企業役員の8割、不正行為の厳罰化を支持

オーストラリアの会社役員を対象にした調査で、企業の不正行為に対する厳罰化を支持する人が8割を超えたことが分かった。失墜した社会の信頼を再び勝ち取るには、悪い行為が厳しく罰せられる必要があるとの認識がうかがえる内容となっている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

半年ごとに行われるオーストラリア企業役員協会(AICD)の調査によると、非常に懸念する事項として、社会における「会社の評判」を挙げた人の割合は22%で、「長期的な成長見通し」(38%)に次ぐ高さだった。

3位には「企業文化」(20%)が挙がり、自社の文化を変えようと「多大な努力」をしているとの回答が3分の1を上回った。企業文化を変える努力は全くしていないとの回答は11%だった。

今年は、特に金融サービスを中心に、企業への信頼が大きく揺らいだ年だった。金融業界を調査する王立委員会で、規制当局への虚偽報告や、サービスを提供していないのに顧客から継続的に料金を徴収した問題、不適切な商品販売など不正行為が明るみに出た。

AICDのアーマー最高経営責任者(CEO)は、国民の信頼を再構築するには、不正行為の厳罰化を企業役員らが強く支持していく必要があるとの見解を示した。

連邦政府は、不正行為に対する罰金の大幅引き上げや刑期の延長を法制化する方針を発表している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家のトイレの水が止まら…(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

豪失業率、5.6%に改善 給与補助終了でも軟着陸(04/16)

車修理AMA、幹部離職と技術者不足に直面(04/16)

豪大手企、ウイグル問題批判で中国が報復も(04/16)

豪製造業が国内回帰強める、コロナ危機受け(04/16)

豪経済成長予測、エコノミストらが上方修正(04/16)

WAのGST配分引上げ、変更なし=豪首相(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン