• 印刷する

自動車ショー開幕、トヨタは2人乗りを出展

ベトナム最大の自動車展示会「ベトナム・モーターショー2018」が24日、ホーチミン市で開幕した。完成車(CBU)の輸入を制限する政令116号(116/2017/ND―CP)の影響が尾を引き、今年の自動車市場は9月時点で前年を2%下回っているが、モータリゼーション到来をにらみ15ブランドが120モデルを出展した。

TMVの木下社長は将来を見据えて2人乗り電気自動車「i-ROAD」を出展した=24日、ホーチミン市

TMVの木下社長は将来を見据えて2人乗り電気自動車「i-ROAD」を出展した=24日、ホーチミン市

外資最大手トヨタ・ベトナム(TMV)は、中型セダン「カローラ・アルティス」などのノックダウン(CKD)3モデルと小型ハッチバック「ウィーゴ」や小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ラッシュ」など輸入完成車(CBU)3モデルに加えて、コンセプトカーとして日本で実証実験を始めている2人乗り「i-ROAD」を展示した。

トヨタ・ベトナム(TMV)の木下徹社長は、具体的にベトナムでのi-ROAD販売予定はないとしつつも「昨今のハノイ、ホーチミン市の渋滞をみれば、将来的に選択肢の一つ」とNNAに説明した。i-ROADは、電気自動車のため、大気汚染の緩和策としても期待できる。

■新モデルも続々

モーターショーに合わせて新モデルの発表も相次いだ。三菱自動車は、インドネシアで生産する7人乗り小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」を正式発表した。エクスパンダーは昨年のモーターショーでコンセプトカーとして展示され、8月に発売があきらかになった。販売価格は5億5,000万ドン(2万3,600米ドル、約263万円)~と競争力があり、現地法人三菱モーターズ・ベトナム(MMV)の堀之内兼一社長は「1カ月で半年分の予約が入った」と手ごたえを感じている。

MMVは9月単月でベトナム自動車工業会(VAMA)加盟社シェアが4%を超えており、堀之内社長は今後も新モデルの投入やディーラー店のブランド強化などを通じて「早く10%台に乗せたい」と意気込む。

ホンダ・ベトナム(HVN)は、コンパクトカーの新型「ブリオRS」を発表。米系自動車大手フォード・ベトナムは、ピックアップトラック「レンジャー」の高価格帯モデルでタイで生産するオフロード仕様車「レンジャー・ラプター」を発表した。

またドイツの高級車メーカーでは、メルセデス・ベンツは「S450 4MATICクーペ」を、アウディもスポーツタイプ多目的車(SUV)「Qシリーズ」の最上位車種「Q8」を展示した。

今年のモーターショーは、VAMAとベトナム自動車輸入業者協会(VIVA)の初の共催で、28日まで7区のサイゴン展示会議センター(SECC)で開催されている。

販売好調のMMVは「エクスパンダー」を正式発表した。右から3人目が堀之内社長=24日、ホーチミン市

販売好調のMMVは「エクスパンダー」を正式発表した。右から3人目が堀之内社長=24日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

中古機械の輸入、細則発表へ 製紙や木材加工の機械で規制緩和(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

未成約不動産、上位20社で年初から10%増(05/24)

サオマイ、デンマーク企業と米穀事業で覚書(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

木材・木工品の輸出額、1~3月は16%増(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン