• 印刷する

ウエアラブルロボの導入加速、現代・起亜自

現代・起亜自動車グループは22日、年内に北米工場で作業者が身に着け、車体下の作業をサポートするロボット(ウエアラブルロボット)「H—VEX」を試験的に導入する計画を明らかにした。今年9月も、北米工場に座って行う作業をサポートするウエアラブルロボット「H—CEX」を試験導入しており、ウエアラブルロボットの実用化に向けた取り組みを加速させる。

H—VEXは上半身に装着するタイプのウエアラブルロボットで、車体の下で仰向けになり両腕を上げて行う作業をサポートするために開発された。最大60キログラムの力を加えることができるため、作業者の負担を減らし、作業効率を上げることができる。

現代・起亜自は今年初め、ロボット・人工知能(AI)分野を将来の5大成長分野と位置付け、集中的に育成することを決定。電力技術本部の傘下にロボット工学の専門組織も立ち上げた。

現代・起亜自グループが9月に北米工場に試験導入したウエアラブルロボ「HーCEX」(現代自提供)

現代・起亜自グループが9月に北米工場に試験導入したウエアラブルロボ「HーCEX」(現代自提供)


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

在韓日本企業に説明会、徴用工訴訟で(15:46)

テイクオフ:米国人のヒルマン監督が…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

サムスンバイオ、株の売買を当分中止(11/15)

サムスン、新型AP「エクシノス9」公開(11/15)

ロッテ情報通信、デジタル戦略を公開(11/15)

関税撤廃の拡大へ努力、韓ASEAN首脳会議(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン