• 印刷する

テイクオフ:オーストラリア連邦政府…

オーストラリア連邦政府が導入を進める電子医療記録システムについて、オプトアウト(個人の医療データの第三者への提供停止を求めること)を選択した。ただ将来、医療情報提供停止の解除を行うかどうか考えあぐねている。

オプトアウトを選んだ理由は、セキュリティー管理に不安があるからだ。この問題が将来にわたり解消することはないだろう。ただ、最近ある講演会で電子医療記録システムについて医師から話を聞き、セキュリティーの危険性よりも、利点を見直している。例えば、他州に行って突然の事故や病気で仮に意識不明になっても、公立病院同士で州を越えて自分の医療情報が共有され、適切な処置を受けることができるからだ。

また、聞けば自分で外部に提供する医療情報を選択できるという。欠点か利点か、どちらを選ぶべきか悩ましい。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事終わりに、日本料理…(07/18)

テイクオフ:シドニー郊外のある洞穴…(07/18)

帝人、豪企と低速EV開発へ 環境・交通問題の解決狙う(07/18)

保険IAG、ネット自動車リース企業に出資(07/18)

ウールワース、ビッグWの閉鎖を加速(07/18)

豪服飾企、中国新疆の強制労働との関連否定(07/18)

豪インフラ相、「各州もインフラに予算を」(07/18)

印との砂糖紛争、WTOに解決要請=豪政府(07/18)

リオとBHP、2Q鉄鉱石生産を拡大(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン