• 印刷する

テイクオフ:インド国内で都市名を変…

インド国内で都市名を変更する動きが拡大している。直近では、北部ウッタルプラデシュ(UP)州のアラハバードが「プラヤグラジ」に変わるなど、現在までに約25の都市の名前が変更された。

背景には1,000年以上にわたってインドを統治していた外国人が多くの都市名を自分たちの都合によって変えたことがある。英国人は適切に発音できなかったために変更したとされ、こうした行為はインドの文化や歴史に打撃を与えた。侵略者がつけた名称を使い続けることは、いまだ植民地状態にあるとの考えもあり、変更を求める動きにつながっている。

UP州の判断で、約450年前にムガール帝国によって奪われたプラヤグラジという名は戻った。ただ、この行為が国にとって良いことなのかという議論の余地はある。都市名の変更は時間と費用の無駄と指摘する国民の声も多く上がっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:バラナシで心に残ってい…(07/23)

JCBがデビットカード発行 8行で、海外決済の需要増に期待(07/23)

輸出拡大へ、工業連盟が有望な31品目を特定(07/23)

インフラ事業345件、3.3兆ルピーの費用超過(07/23)

印の特恵関税除外、米企業の税負担3億ドル(07/23)

米専門職ビザ、約7割をインド人が取得(07/23)

国営通信BSNL、7400億ルピーの再建案(07/23)

ティックトック、国内にデータセンター新設へ(07/23)

複合RIL、通信塔事業をカナダ企業に売却(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン