• 印刷する

テイクオフ:インド国内で都市名を変…

インド国内で都市名を変更する動きが拡大している。直近では、北部ウッタルプラデシュ(UP)州のアラハバードが「プラヤグラジ」に変わるなど、現在までに約25の都市の名前が変更された。

背景には1,000年以上にわたってインドを統治していた外国人が多くの都市名を自分たちの都合によって変えたことがある。英国人は適切に発音できなかったために変更したとされ、こうした行為はインドの文化や歴史に打撃を与えた。侵略者がつけた名称を使い続けることは、いまだ植民地状態にあるとの考えもあり、変更を求める動きにつながっている。

UP州の判断で、約450年前にムガール帝国によって奪われたプラヤグラジという名は戻った。ただ、この行為が国にとって良いことなのかという議論の余地はある。都市名の変更は時間と費用の無駄と指摘する国民の声も多く上がっている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン