• 印刷する

世界競争力報告、香港は7位に

世界経済フォーラム(WEF)が発表した2018年版の「世界競争力報告」によると、香港は世界140カ国・地域中7位となった。今年から新たな評価方法を採用しており、調整後の順位は前年から横ばい。スコアは前年から0.3ポイント上昇の82.3ポイントとなった。

アジアでは3位。報告では「香港の競争力の状況はシンガポールに近いが、イノベーションと労働市場の効率といった点でわずかながら下回っている」と指摘した。

香港は全12項目中、7項目でトップ10に入った。このうち、◇インフラ(94ポイント)◇通信情報技術(ICT)の採用(87.9ポイント)◇金融システム(90.1ポイント)◇製品市場(79ポイント)――の4項目で2位につけた。

その上で、香港の主な課題はイノベーション力を発展させることだと指摘。イノベーション力の項目は26位にとどまった。

総合ランキングの首位は米国。2位以下はシンガポール、ドイツ、スイスの順だった。日本は3つ順位を上げて5位。中国本土は横ばいの28位だった。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏のコンサートツア…(01/22)

住宅下落継続も好転の兆し 一定幅値下がりで春に底打ちか(01/22)

週末住宅取引、新築は10カ月ぶり多さ(01/22)

上環のオフィス、スタートアップに人気(01/22)

日系イベント情報(1月2回目)(01/22)

大湾区が小売企業の商機に、利豊研究センター(01/22)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

華潤電力、大湾区の新エネ事業に投資へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン