• 印刷する

《労使》北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇

フィリピンの国家賃金生産性委員会(NWPC)は17日、北ミンダナオ地域の最低賃金(非農業分野)を従来の日額316~338ペソ(約659~705円)から343~365ペソに改定すると発表した。8%以上の引き上げとなる。施行は11月1日。ミンダナオ島内ではダバオ地域に次いで2番目に高い水準となる。

農業分野は従来の日額304~326ペソから331~353ペソとした。最低賃金に幅があるのは同一地域でも自治体によって金額が5つに区分されているため。カガヤンデオロ市やイリガン市などが最も高く設定されている。

最低賃金の有効期間は1年間。ミンダナオの6地域では今年、北ミンダナオとカラガ(前回の改定は2017年12月8日)を除く4地域が既に改定されている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(16:44)

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(16:44)

民間業者、コメ120万トンの輸入を申請(16:48)

テイクオフ:フィリピンにはバスケッ…(01/23)

プライバシー権、認識足りず マニラのシンポで識者が警鐘(01/23)

「マニラ信金会」初開催、現地支援を強化(01/23)

22日為替:$1=52.930ペソ(↓)(01/23)

航空電子、車載カメラ向けコネクタ生産開始(01/23)

サンミゲル、ケソン州にセメント工場を提案(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン