• 印刷する

《労使》北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇

フィリピンの国家賃金生産性委員会(NWPC)は17日、北ミンダナオ地域の最低賃金(非農業分野)を従来の日額316~338ペソ(約659~705円)から343~365ペソに改定すると発表した。8%以上の引き上げとなる。施行は11月1日。ミンダナオ島内ではダバオ地域に次いで2番目に高い水準となる。

農業分野は従来の日額304~326ペソから331~353ペソとした。最低賃金に幅があるのは同一地域でも自治体によって金額が5つに区分されているため。カガヤンデオロ市やイリガン市などが最も高く設定されている。

最低賃金の有効期間は1年間。ミンダナオの6地域では今年、北ミンダナオとカラガ(前回の改定は2017年12月8日)を除く4地域が既に改定されている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これぞイチオシのフィリ…(11/13)

今年の最賃上昇は10~52ペソ 労使とも不満、政府に補助金要求(11/13)

VAT還付などの確認を簡素化、歳入庁(11/13)

ラザダ販促イベント、1日で半月分売り上げ(11/13)

12日為替:$1=53.295ペソ(↓)(11/13)

新航空管制システム導入で一部欠航も(11/13)

国内航空2社、燃油コスト増で減益赤字(11/13)

コンバージICT、台湾にネット中継拠点(11/13)

国産ゴムからタイヤ生産、来年1Qに開始(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン