• 印刷する

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ

フィリピン・マニラ大都市圏(メガマニラ)のジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の初乗り料金が、11月から10ペソ(約20.1円)に引き上げられる。運賃の引き上げは今年2回目で、前回と合わせて2ペソの値上げとなる。18日付地元各紙が伝えた。

ジプニーの料金については、燃料費などの上昇で採算が取れないとの理由で、事業者側が公共交通を管轄する陸運統制委員会(LTFRB)に値上げを求めていた。同委員会は18日午前の時点で正式な通達を出していないが、17日に発表した声明で「手続き中の文書が流出した」と説明。担当官が文書に署名後、公示すると明らかにした。報道によると、初乗り料金の1ペソ引き上げを認める見通しだ。

ジプニーの初乗り料金は今年7月6日に8ペソから9ペソに引き上げられていた。事業者5団体は「物価上昇が続いており、これでは引き上げ幅が十分ではない」として、10ペソへの引き上げを求める請願書を9月に再び提出した。

ジプニー事業者団体、パサン・マスダのロベルト・マルティン代表は「運転手の収入は1日当たり300ペソだが、運賃改定によって500ペソまで増える」との見通しを示した。マニラ首都圏の最低賃金は日額475ペソ以上と決められており、運賃の引き上げによって下限をクリアできることになる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港の混雑緩和へ空コンテナ移送を指示(02/22)

不動産ウェンセスラオ、今年は40億ペソ投資(02/22)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン