• 印刷する

《日系進出》PE発泡体の三和化工、開業式

三和化工ベトナム開業式のテープカットの様子。左から明和産業の大友伸彦社長、三和化工の吉田社長、大和ハウス工業の浦川竜哉常務執行役員、三和化工ベトナムの浦井俊幸社長=17日、ドンナイ省

三和化工ベトナム開業式のテープカットの様子。左から明和産業の大友伸彦社長、三和化工の吉田社長、大和ハウス工業の浦川竜哉常務執行役員、三和化工ベトナムの浦井俊幸社長=17日、ドンナイ省

三和化工(京都市)の現地法人三和化工ベトナムは17日、ベトナム南部ドンナイ省に新設した工場の開業式を開催した。当地でポリエチレン(PE)発泡体と合成ゴムスポンジを生産する。空調などの精密機器が伸びる東南アジアの日系メーカーを中心に需要を取り込む。

三和化工ベトナムは2017年9月に同省のロンドゥック工業団地内に設立。化学品商社の明和産業(東京都千代田区)との合弁で、資本金は150万米ドル(約1億6,800万円)。三和化工が85%、明和産業が15%出資した。建屋は8月に完成し、このほど開所に至った。

三和化工の吉田典生社長は「海外としては中国に技術供与する合弁会社以来、33年のぶりの進出」と、当地にかける意気込みを語った。チャイナ・プラスワンの視察で16年にベトナムを訪れ、準備を進めてきたという。「当面は日本向けに輸出するが、ベトナム国内への営業を開始し、市場を開拓していきたい」。

工場は1万平方メートルの土地に建設され、一部2階建ての延べ床面積6,654平方メートル。人員は15人ほどからスタートし、50人規模への増員を見込んでいる。工場設備としては、プレス機や押出成形機、スライサーなどを導入した。

南部ドンナイ省のロンドゥック工業団地内に完成した工場。ベトナム国内のほか、東南アジアの需要に対応する

南部ドンナイ省のロンドゥック工業団地内に完成した工場。ベトナム国内のほか、東南アジアの需要に対応する

三和化工は1965年にPE発泡体の専業メーカーとして創業。建築用シール材や緩衝材などに使用されるPE発泡体の生産に加え、自動車やエアコンなどのシール材に使用する合成ゴムの発泡体も生産する。将来的にはベトナム国内のほか、現在、日本から輸出しているタイやマレーシア、シンガポールなどへの輸出にも対応していく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

ホンダ、19年の二輪市場でシェア79%(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

運輸省、2空港の滑走路改修の財源に3案(01/20)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/20)

ベトジェット、ダラット―ソウル線就航(01/20)

韓越の鉄道機関、技術協力拡大で提携(01/20)

CCG、チャビンで工業団地造成と風力発電(01/20)

PVパワー、LNG発電2件の資金調達急ぐ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン