クラーク空港の拡張工事、進捗率は25%

フィリピンの基地転換庁(BCDA)と運輸省は15日、中ルソン地方パンパンガ州のクラーク国際空港拡張工事の進捗率が現在25%で、2020年6月の完成に向け順調に進んでいると発表した。海外に発注した新ターミナルの屋根材が既にフィリピンに向かっているという。 新ターミナルの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…(01/17)

今年はPUV近代化を推進 陸運委、配車アプリの規制緩和も(01/17)

PUV近代化、民間銀行が資金提供前向き(01/17)

東南アの車生産、1~11月は8%増の403万台(01/17)

労組が全国の日額最賃上げ請願へ、最大740円(01/17)

マニラ湾の環境改善、違反は罰金1日42万円(01/17)

米ペイパル、国際顧客対応拠点開設へ(01/17)

16日為替:$1=52.130ペソ(↓)(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン