• 印刷する

来年の州別最低賃金、8.03%引き上げ決定

インドネシアのハニフ労働相が、来年の州別最低賃金(UMP)の引き上げ率を8.03%に設定したことが16日分かった。今年の引き上げ率の8.71%よりも小幅に抑えた。この上げ率を適用すれば、首都ジャカルタの最低賃金は、394万972ルピア(約2万8,980円)になる。

労相が15日付で回状を公布、全国の州知事に対し、11月1日に一斉に来年の最低賃金を発表するように指示した。

来年の最低賃金の引き上げ率は、賃金に関する政令『2015年第78号』に従い、インフレ率と経済成長率を加算した数字を採用する。中央統計局(BPS)長官が今月4日付で発出した通知書に基づき、インフレ率を2.88%、経済成長率を5.15%と設定した。

ただし、2015年時点の最低賃金が、労働者が適正な生活を営むのに必要な金額である適性生活水準(KHL)を下回った中カリマンタン州など8州については、19年の最低賃金改定で調整を図り、KHLと同水準以上に設定するよう指示した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(02/21)

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

所得税減税や優遇の一本化へ オムニバス税法、識者に聞く(下)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

政策金利引き下げ、新型肺炎の影響を懸念(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

パナソニック、家庭用エアコンを初輸出(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン