• 印刷する

来年の州別最低賃金、8.03%引き上げ決定

インドネシアのハニフ労働相が、来年の州別最低賃金(UMP)の引き上げ率を8.03%に設定したことが16日分かった。今年の引き上げ率の8.71%よりも小幅に抑えた。この上げ率を適用すれば、首都ジャカルタの最低賃金は、394万972ルピア(約2万8,980円)になる。

労相が15日付で回状を公布、全国の州知事に対し、11月1日に一斉に来年の最低賃金を発表するように指示した。

来年の最低賃金の引き上げ率は、賃金に関する政令『2015年第78号』に従い、インフレ率と経済成長率を加算した数字を採用する。中央統計局(BPS)長官が今月4日付で発出した通知書に基づき、インフレ率を2.88%、経済成長率を5.15%と設定した。

ただし、2015年時点の最低賃金が、労働者が適正な生活を営むのに必要な金額である適性生活水準(KHL)を下回った中カリマンタン州など8州については、19年の最低賃金改定で調整を図り、KHLと同水準以上に設定するよう指示した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

テイクオフ:2億人近い有権者が一斉…(04/18)

ジョコウィ氏が再選確実 大統領選、得票率5割超でリード(04/18)

国会議員選、闘争民主党の第1党がほぼ確実(04/18)

インドネシアの主な政党(04/18)

史上初の同日選は混乱なし、首都南の投票所(04/18)

シティリンク、マレーシア進出計画を否定(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン