• 印刷する

麻薬栽培転換のコーヒー豆、欧州に初出荷

ミャンマー北東部シャン州のコーヒー農家で作る協同組合「グリーン・ゴールド」は12日、欧州市場に向けて、初めてコーヒーを輸出した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

コーヒーの初輸出は、アヘンやヘロインの原料であるケシ栽培から代替作物への転換を支援する国連薬物犯罪事務所(UNODC)にとっても、大きな前進となった。

グリーン・ゴールドは、シャン州のホポン、ロイレム、ユワンガン3郡区60村のコーヒー農家980軒が加盟する。UNODCは2015年から、コーヒー栽培の技術を提供し、持続性ある農園づくりや販路開拓を支援してきた。

グリーン・ゴールドは17年末、フランスのコーヒー豆メーカー「マロンゴ」と5年間の提携契約を結んだ。マロンゴは今期、生産されたコーヒーの品質の良さを認め、ミャンマーの平均価格の2倍となる1キロ8米ドル(約890円)での買い取りに合意している。

グリーン・ゴールドは次期収穫に向けて、設備の拡大に着手した。UNODCは貧困削減や男女平等など、2030年までの経済発展の指針「ミャンマー持続可能な開発プラン(MSDP)」の実現に向けても、農家を支援している。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者に23日判決、ミャンマー最高裁(21:12)

「現金主義」に変化の兆し スマホ決済、若者に拡大(04/19)

スーチー氏、ワ軍に政治対話参加を呼び掛け(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

個人商の国境貿易、今年度は2300万ドル突破(04/19)

雲南省瑞麗にビルマ語の映画館開業、国内初(04/19)

1~3月の交通事故は644件、ヤンゴン管区(04/19)

人権派の映画監督、国軍批判で収監(04/19)

週末マーケット、ヤンゴンで来月オープン(04/19)

日本経済社、ヤンゴンに支社(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン