• 印刷する

中国、域内秩序と成長促進に支援

香港の前行政長官、梁振英氏は、中国はカンボジアを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の秩序の維持と、成長促進に向けた支援を提供すると述べた。クメール・タイムズ(電子版)が15日伝えた。

香港紙サウスチャイナ・モーニングポストがマレーシアの首都クアラルンプールで主催した「中国2018会議」で明らかにした。カンボジアにとって、中国は最大の援助国。迅速な決定と援助の条件が少ないことが援助拡大の要因になっている。

梁氏は「世界は米国に代わる指導国を求めている」と指摘。米中貿易戦争が激化すれば域内の安定に影響を及ぼす可能性も否定できないと述べ、「ASEAN加盟国は、より良い恩恵をもたらす支援国を選択するべきだ」と強調した。


関連国・地域: 中国香港カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

世銀、カンボジアの開発支援に千億円超(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

シエムレアプに観光新都市、客足回復に期待(09/19)

カンボジア商工会議所、メン氏が会頭再選(09/19)

衛星タイコム、カンボジア子会社を売却(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン