• 印刷する

テイクオフ:インドの旅行業界で、「…

インドの旅行業界で、「農家ホームステイ」が注目され始めている。都市化が進み、都市部での生活にストレスや緊張感が増していることから、「都会の騒がしさを逃れ、田舎でのんびりとした時間を過ごしたい」と感じるインド人が増えているからだ。

ヒマラヤ山脈に抱かれ、緑が豊富な北部ウッタラカンド州で先ごろ行われた投資サミットでも、政府関係者が「農家ホームステイ分野に投資を」と、企業に呼び掛ける一幕があった。農家ホームステイでは、参加者は昔ながらの生活を続ける民家に泊まり、田舎の暮らしを見て、体験し、学ぶことができる。体験できるアクティビティーは農作業からまき集め、牛やヤギの放牧や世話、敷物やかご作りなど盛りだくさんだ。

農家ホームステイを旅行パッケージとして提供する旅行会社も増えているようだが、農村部の一大産業へと発展するだろうか。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店先でお釣りに紫色の札…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

鉄道展で日本品質をアピール 技術力と価格の両立が課題(10/24)

鴻海、iPhoneXRのインド生産量300万台に(10/24)

グラシム、独送配電機器メーカーと合弁設立(10/24)

防犯カメラのCPプラス、生産能力を増強(10/24)

ビスタラ、日・米路線でコードシェア(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

起亜自が勤務シフトを追加、セルトス好調で(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン