• 印刷する

工作機械OKK、来年度に生産能力拡大へ

工作機械メーカーのOKK(兵庫県伊丹市)はこのほど、タイの子会社が生産する工作機械を増産し、2019年度に現在の月7台から10台に引き上げることを明らかにした。増加する日本や東南アジア、米国の工作機械需要の取り込みを図る。

OKKは、中長期計画の中でタイ拠点の強化を掲げている。増産にともない、工場の増床や新工場の建設を検討しているという。

タイの子会社OKKマシナリー(タイランド)は、横型マシニングセンター(MC)「HMC400」と立型MC「VC51」の2種類を生産している。今後は生産種類も増やす計画。横型MCは主に北米の建設機械向け、立型MCは日本や東南アジア向けがそれぞれ堅調に伸びている。タイ国内では自動車関連や金型向けが拡大傾向にあるという。

タイでは11年に発生した大規模洪水の影響で、傷んだ工作機械を入れ替えた顧客が多く、その機械を更新する需要も増加している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:全国からさまざまな人が…(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

昭和電工、カラバオとのアルミ缶工場が完工(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

東京ガスなど、民間のみで初のガス配給事業(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

PTT子会社、太陽光発電に105億円投資(12/11)

大和証券、金融オーラと業務提携を締結(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン