OBビール売却説消えず、労使交渉にも影響

韓国のビール大手、OBビール売却のうわさがくすぶり続けている。会社側は「事実無根」とするが、打ち消しても別会社による売却説が流れるなどし、労働組合は不安を隠せない。11日付電子新聞が伝えた。 労使の2018年賃金交渉は1日に決裂し、労働委員会に争議調整を申請済みだ。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

政策金利1.25%、2度目の据え置き(17:19)

東進セミ、半導体材料増産へ 韓国政府が国産化の成果アピール(01/17)

19年輸出額10.3%減、半導体の不振響く(01/17)

ロッテ会長が「変革」強調、グループ会議で(01/17)

サムスン電子、米国で特許取得2位(01/17)

SKTが時短促進、月1回「週休3日」に(01/17)

LG電子、MIT教授と次世代ロボット研究(01/17)

現代自FCV・ネクソ、1万台の販売目指す(01/17)

韓国ロッテマート、PB・売り場づくり好調(01/17)

現代・起亜自、商用EVの英社に出資(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン