農林省、異常気象で食糧安全保障に懸念

ラオスのリエン・ティケオ農林相は10日、今年の雨期の異常気象により食糧安全保障への懸念が高まっているとの見解を示した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 同相は豪雨の影響による洪水や土砂崩れで、9万8,000ヘクタール以上の農地や漁場が被害を受けたと説明した。…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス政府、133億円規模の国債発行(12/14)

北西部の道路整備、ADBが1.9億ドル融資(12/14)

ネットの導入コスト、ラオスは世界高水準(12/13)

バイオマス研究所が開所、国内初(12/12)

為替の厳格管理、法改正審議で議員が要請(12/11)

車フィルムのハイクール、CLMV諸国開拓(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン