• 印刷する

日越官民間で19件合意、100億ドル規模

日越政府と両国の企業は10日、来日中のベトナムのグエン・スアン・フック首相による立ち合いの下、教育やエネルギー、保健、インフラなど幅広い分野で19件、総額100億米ドル(約1兆1,300億円)の合意に達した。ベトナム国営通信が報じた。

そのうち、ベトナムのコングロマリット(複合企業)T&Tグループは、三井物産とエネルギー投資やスマート都市(環境配慮型都市)開発で合意した。事業費は12億米ドル規模。T&Tが日本の法人と1億5,000万米ドルを投じ、医療機関を展開することでも合意した。

ベトナム格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は、三菱UFJリースなどと計12億米ドル余りのファイナンスでも合意した。またハノイの日越大学(VJU)、ベトナム国家大学、ANAホールディングスが人材育成や研究開発で協力することも決まった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

中国の福田汽車、ベトナムに現法設立へ(12/11)

韓国の大宇建設、ハノイ新都市事業が好調(12/11)

ベトナムと関係強化、国境問題解決に意欲(12/11)

家具輸出に期待、TPPで世界2位も視野(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

PVオイルの国有株放出、一括売却を計画(12/11)

ペトロベトの1~11月売上高、通年目標超え(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン