• 印刷する

日越官民間で19件合意、100億ドル規模

日越政府と両国の企業は10日、来日中のベトナムのグエン・スアン・フック首相による立ち合いの下、教育やエネルギー、保健、インフラなど幅広い分野で19件、総額100億米ドル(約1兆1,300億円)の合意に達した。ベトナム国営通信が報じた。

そのうち、ベトナムのコングロマリット(複合企業)T&Tグループは、三井物産とエネルギー投資やスマート都市(環境配慮型都市)開発で合意した。事業費は12億米ドル規模。T&Tが日本の法人と1億5,000万米ドルを投じ、医療機関を展開することでも合意した。

ベトナム格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は、三菱UFJリースなどと計12億米ドル余りのファイナンスでも合意した。またハノイの日越大学(VJU)、ベトナム国家大学、ANAホールディングスが人材育成や研究開発で協力することも決まった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン