• 印刷する

5G試験運用、行政首都などで11月に開始

マレーシアのゴビンド・シン・デオ通信・マルチメディア相は9日、第5世代移動通信システム(5G)の試験運用をスランゴール州のICT(情報通信技術)産業集積都市サイバージャヤ、クアラルンプール近郊の行政都市プトラジャヤで開始する意向を表明した。11月から1年間にわたって実施する計画だ。10日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

ゴビンド通信・マルチメディア相によると、試験運用は5Gサービスの本格導入に向けた法整備や政策・計画策定に必要な情報を収集するのが狙い。マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)の作業部会が主導する。

5Gサービスの開始は、政府が先ごろ発表した「国家ファイバー網接続計画(NFCP)」に沿ったもの。同相によると、試験運用に通信会社のほか研究者、新興企業などの参加も想定している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア全域で高温の…(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

NEC、広域網構築で実証成功 地場大と共同で既存設備活用し(03/25)

2月消費者物価0.4%減、2カ月連続マイナス(03/25)

防衛装備展LIMAがあす開幕、日本も出展(03/25)

RM=27.2円、$=4.06RM(22日)(03/25)

米マーフィーがマレーシア撤退、子会社売却(03/25)

上緯がマレーシア子会社開業、耐食性材料を生産(03/25)

セルバ、ペトロナスの陸上施設受注(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン