• 印刷する

テイクオフ:双十節(建国記念日)の…

双十節(建国記念日)の祝賀式典をぼーっと眺めていて、「ああ今年は民国107年だったな」と改めて気が付いた。台湾独自の年号である民国歴。辛亥革命勃発の翌年の1912年を元年としており、西暦から1911年を引くことで民国何年なのかが分かる。

民国歴は日常生活に浸透しており、台湾に来て最初に覚えたのは自分の生年月日を民国歴で言うこと。クレジットカードを作る時も病院に予約を入れる際にも、「生年月日は民国何年?」と聞かれる。覚えること自体はそう難しくないが、なんだか11歳年を取ったようで、もやもやさせられた。

それに表記が西暦に近いため、時に混同してしまう時がある。もっとも日本の元号ともなると西暦とはまるっきり異なるため、外国人にはもっとやっかいかもしれない。おまけに来年は日本の元号が変わる。民国歴はこのまま続きますよね。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン