• 印刷する

テイクオフ:9日の「世界郵便デー」…

9日の「世界郵便デー」に合わせてPOSマレーシアが記念切手を発売した。マハティール首相の就任時にも記念切手が出た。デジタル経済の拡大にまい進しつつも、アナログなやり方を忘れないところに好感度が上がる。

中国返還前の香港を題材にしたノンフィクションには、投資としての切手に夢中になる市民の様子が描かれていた。いつの時代も今より良い場所を求めてすみかを変えてきた香港の人にとって、切手は貨幣ほど価値が変動せず、何よりもいざという時に持ち運びが容易なのだとか。

長い人生、そんな投資もアリかと思っていたところ、夫がとある集まりで有名棋士の直筆サイン入り扇子を引き当てた。オークションサイトで「棋士、サイン入り」と検索して気分を高揚させながらも、「いかん、いかん」と頭を振る。短絡的な姿勢では家宝が育たない。じっくり構えてみよう。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「臭い」問題再び。一難…(12/11)

「サッカー熱」の争奪戦 スズキ杯決勝、チケット即完売(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

RM=27.0円、$=4.17RM(10日)(12/11)

ペナン空港の輸出貨物取扱量、18年は8%増(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

SLPリソーシズ、1100万リンギで生産増強(12/11)

カジノゲーム機器RGB、30%増益予想(12/11)

HSL、サラワク州の大規模インフラに照準(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン