• 印刷する

《日系進出》ニチレイ、水産加工工場を新設

ニチレイグループで水産・畜産事業を手がけるニチレイフレッシュ(東京都中央区)はこのほど、ベトナム子会社のトランス・パシフィック・シーフードが南部ビントゥアン省に水産加工工場を新設したと発表した。10月半ばに生産を開始する。

ニチレイフレッシュは、近年注力している水産加工品の販売で自社生産拠点の拡充を図るため、昨年7月にトランス・パシフィック・シーフードを設立した。ベトナムで水産加工を手がける地場ハイワン・シーフードと合弁で、ニチレイフレッシュが75%、ハイワン・シーフードが25%出資している。資本金は908億ドン(388万米ドル、約4億4,000万円)。

トランス・パシフィック・シーフードは、生食用の製品を中心に顧客ニーズに合わせた水産加工品の生産を手がけていく。また、同社の水産加工品生産における基幹拠点の一つと位置づけ、日本向けだけでなく海外向け製品の生産・販売も視野に入れ事業展開を目指す。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

レジーナ、米向け輸出のベトナム移管急ぐ(13:53)

【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも(06/26)

1~6月のFDI、9.2%減の187億ドル(06/26)

EUとベトナムのFTA、30日に調印へ(06/26)

JBIC、ベトコムに再生可能エネ事業融資(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

クアンニンの不動産活況、インフラなど魅力(06/26)

HCM市の不動産市場、供給減で低調続く(06/26)

PVパワー、大型発電所3案件に遅れ(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン