• 印刷する

《日系進出》鶴見製作所、HCM市で工場竣工

鶴見ポンプ・ベトナムの工場外観=ホーチミン市(鶴見製作所提供)

鶴見ポンプ・ベトナムの工場外観=ホーチミン市(鶴見製作所提供)

ポンプの製造・販売を手がける鶴見製作所(大阪市)は25日、ホーチミン市で工場の竣工(しゅんこう)式を開催した。11月の操業開始を予定する。

工場は、日系の中小企業専用の工業団地「ビーパン(Vie―Pan)・テクノパーク」に入居する現地法人の鶴見ポンプ・ベトナムが、同工業団地に隣接する敷地に建設した。敷地面積は3万8,493平方メートル、総床面積は1万308平方メートル。水処理関連製品の生産、販売、流通、部材調達を手がける。

鶴見製作所は、1924年創業の鶴見商会機械部に起源を持ち、51年に株式会社に改組し、現在の社名に変更。2017年に鶴見ポンプ・ベトナムを設立した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン