• 印刷する

KLなどで来年からプラ製ストロー禁止へ

マレーシアの連邦直轄区省は20日、クアラルンプール、プトラジャヤ、ラブアンの各地で2019年1月からプラスチック製ストローの使用を禁止する方針を明らかにした。21日付スターが伝えた。

クアラルンプールでは2017年1月から生分解性包装容器の使用が義務付けられ、プラスチック袋や食品包装用ポリスチレン容器の使用が禁止されたが、今回の措置はそれに続くものだ。

同省のアドナン・モハド・イクサン事務次官は、「19年以降もプラスチック製ストローを使用する業者は営業免許を取り消されるリスクに直面することになる」と述べ、容赦なく取り締まりを行う方針を強調した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【グラフでみるASEAN】新車販売(2月) 前年同月比3%減、タイ・インドネシアの低迷響く(10:01)

テイクオフ:活動制限令で在宅勤務に…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

会社存続で「解雇」も選択肢 活動制限令で運転資金に苦慮(04/08)

決算書の期限延長、期末問わず一律に留意(04/08)

RM1=25.1円、$1=4.35RM(7日)(04/08)

マレーシア航空の買収、元従業員らが提案(04/08)

外国人内定者向け日本語合宿、マレーシアで(04/08)

新規感染170人、累計は4千人目前(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン