• 印刷する

KLなどで来年からプラ製ストロー禁止へ

マレーシアの連邦直轄区省は20日、クアラルンプール、プトラジャヤ、ラブアンの各地で2019年1月からプラスチック製ストローの使用を禁止する方針を明らかにした。21日付スターが伝えた。

クアラルンプールでは2017年1月から生分解性包装容器の使用が義務付けられ、プラスチック袋や食品包装用ポリスチレン容器の使用が禁止されたが、今回の措置はそれに続くものだ。

同省のアドナン・モハド・イクサン事務次官は、「19年以降もプラスチック製ストローを使用する業者は営業免許を取り消されるリスクに直面することになる」と述べ、容赦なく取り締まりを行う方針を強調した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北海道から九州に引っ越…(12/10)

パナ、マレーシア現法の開発力強化 新市場にらみ、新R&D拠点開所(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

RM=27.0円、$=4.16RM(7日)(12/10)

エアアジア、ハイアウと合弁でベトナム進出(12/10)

石油、来年は日量1.5万バレルの減産(12/10)

ペトロナスとト州、シリカ産業開発で調査(12/10)

サプラ、インド沖海底油田で設備共同受注(12/10)

宅配GDEX、19年度に過去最高の設備投資(12/10)

メルセデス販売店、出張点検サービスを開始(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン