• 印刷する

《日系進出》日本品質保証機構、日本電計と越で合弁

日本品質保証機構(JQA、東京都千代田区)は20日、計測器の専門商社である日本電計(東京都千代田区)および同社のベトナム子会社の日本電計ベトナムと共同で出資し、合弁会社を設立することに合意したと発表した。ベトナムにおいて、計測機器の校正サービスなどを提供する。

合弁会社の社名は、JQAキャリブレーション・ベトナム(仮称)としており、12月にハノイに設立する予定。資本金は240億ドン(103万米ドル、約1億2,000万円)で、出資比率はJQAが51%、日本電計が29%、日本電計ベトナムが20%となる。

設立の背景として、「日系企業の海外進出が進む中、海外における信頼性の高い校正ニーズが年々増加傾向にある」と説明。日系企業が多く進出しているベトナムにおいても幅広い認定校正サービスの提供が急務だとして、計測機器の校正をはじめ、計測に関する教育やセミナー事業を手がける合弁会社を立ち上げる。

日本電計ベトナムは、日本電計が100%出資して2006年8月にハノイ設立した。日本電計グループはこのほか、中国や台湾、韓国、シンガポールなど39カ所の海外拠点を有している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン