空港開発4事業で2.8兆円 首都圏の能力7倍、年2.5億人に

フィリピンのマニラ首都圏で、2025年までに空港の旅客処理能力が現行から7倍の年間2億5,000万人となる見通しだ。新ターミナルを建設中のクラーク国際空港(中ルソン地方パンパンガ州)に加え、既存のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の改修・拡張、周辺の州で2空港の開発が計…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーマーケットは慌…(08/06)

通信大手、ネット学習に商機 遠隔授業追い風に教育企業と協力(08/06)

コロナ感染新たに3462人、計11万5980人(08/06)

コロナ感染25%が20代、死者最多は60代(08/06)

レバノン大規模爆発、比人2人死亡=外務省(08/06)

顔シールドの着用義務化、公共交通利用で(08/06)

6月の輸出13.3%減、4カ月連続マイナス(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン