空港開発4事業で2.8兆円 首都圏の能力7倍、年2.5億人に

フィリピンのマニラ首都圏で、2025年までに空港の旅客処理能力が現行から7倍の年間2億5,000万人となる見通しだ。新ターミナルを建設中のクラーク国際空港(中ルソン地方パンパンガ州)に加え、既存のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の改修・拡張、周辺の州で2空港の開発が計…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

〔ミンダナオ通信〕日本、配電工事車両を納入(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン