• 印刷する

アスコットがホテル事業、隣国企業に出資

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下でサービスアパート運営大手のアスコットは17日、インドネシアのホテル運営会社の株式70%を取得し、同社として初めてホテル事業に参入すると発表した。取引額は約2,600万米ドル(約29億1,100万円)。

買収したのはビジネスホテル「TAUZIA」の運営会社の持ち株会社に当たるグリーン・オーク・ホテル・マネジメント。同社はインドネシア、マレーシア、ベトナムに計122軒(約2万室)のホテルを保有しており、うち半数は建設中となっている。

アスコットのケビン・ゴー最高経営責任者(CEO)によると、プロジェクトベースで働く人や、ビジネス客、旅行者の増加に伴い中価格帯のホテルの需要がこれまで以上に拡大していることから、ビジネスホテル事業への参入を決めた。

アスコットはインドネシアで17軒のサービスアパートを展開。ジャカルタなど7都市に3,000戸余りを保有している。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 建設・不動産サービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

アジア企業景況感、1~3月期も低迷(03/22)

アジアのインフラ開発で米国と協力推進(03/22)

中国経済減速の影響大、ムーディーズ調査(03/22)

雲南料理店、ジュエルチャンギに海外1号店(03/22)

オネストビー、一部地域向けに1時間で配達(03/22)

越の配車アプリ「ファストゴー」、来月進出(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン