中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資

カンボジアの中国系デベロッパー、プリンス・リアルエステート・グループ(太子地産集団)が、不動産開発を加速させている。事業開始から3年で取得した土地は約100万平方メートルに上り、投資総額は20億米ドル(約2,200億円)に達した。好調なカンボジア経済を追い風に複合開発や…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(17:12)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

アジア各国からの旅行者誘致、観光省が計画(08/06)

周辺3カ国労働者、22年3月末まで滞在許可(08/06)

韓国ウリ銀、非対面営業拡充で越などへ増資(08/06)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン