中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資

カンボジアの中国系デベロッパー、プリンス・リアルエステート・グループ(太子地産集団)が、不動産開発を加速させている。事業開始から3年で取得した土地は約100万平方メートルに上り、投資総額は20億米ドル(約2,200億円)に達した。好調なカンボジア経済を追い風に複合開発や…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

証取所の1日平均売買代金、19年は約6倍(01/17)

国債が上場の見通し、向こう2~3年で(01/17)

夜勤の賃金引き下げ検討、労組から反発も(01/17)

【カンボジア経済通信】日系企業の投資前向き ジェトロ調査 第353回(01/17)

南シナ海など討議、ASEAN外相会議(01/17)

首都新空港の建設、中国系3社が受注(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン