中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資

カンボジアの中国系デベロッパー、プリンス・リアルエステート・グループ(太子地産集団)が、不動産開発を加速させている。事業開始から3年で取得した土地は約100万平方メートルに上り、投資総額は20億米ドル(約2,200億円)に達した。好調なカンボジア経済を追い風に複合開発や…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都のコロナ対策強化措置、19日まで延長(05/14)

南西部の新空港が完工へ、年末の開業目指す(05/14)

電子決済システムが著しく進歩=中銀報告(05/14)

「ワクチン接種すべきか」、悩む在留邦人(05/13)

加速する発電所建設、190万kWの電力追加(05/13)

米飲食など、3社がカンボジア進出検討(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン