• 印刷する

いすゞ、ピックアップとSUVで新モデル

新型エンジンを搭載したD―MAXとMU―Xを「自信を持って送り出したい」と語るいすゞベトナムの能登社長=14日、ホーチミン市

新型エンジンを搭載したD―MAXとMU―Xを「自信を持って送り出したい」と語るいすゞベトナムの能登社長=14日、ホーチミン市

いすゞベトナムは14日、ピックアップトラック「D―MAX」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「MU―X」の2018年モデルをホーチミン市で発表した。18年からディーゼル車にも適用されることになった欧州排ガス基準「ユーロ4」に対応した新型エンジンが採用されており、力強い走りと省エネ・環境性能を両立させる。

それぞれ排気量1900ccと3000ccのバージョンがある。いすゞベトナムの能登秀一社長は新モデルの発表会で、特に1900ccの「Ddiブルーパワー」エンジンについて「最新のディーゼル技術を活用しており、いすゞだけが提供できる」として、自動車市場の成長とともに求める水準も高まっているベトナムのドライバーを満足させることへの自信を見せた。

いずれもタイから輸入する。いすゞベトナムも、1月に施行された完成車(CBU)を厳しく輸入制限する政令116号(116/2017/ND―CP)の影響を受けたが、煩雑な手続きを経て発売に至った18年モデル投入を機に販売を盛り上げていく方針だ。

D―MAXは4バージョンあり、価格は6億5,000万ドン(2万8,000米ドル、約310万円)~。MU―Xは3バージョンあり8億2,000万ドン~。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン