• 印刷する

旭ダイヤ、インドの販売代理店を子会社化

ダイヤモンドやCBN(立方晶窒化ホウ素)の焼結体を使った切削工具などを生産する旭ダイヤモンド工業(東京都千代田区)は13日、インドの販売代理店を完全子会社化すると発表した。市場拡大が見込まれるインドでの販売をさらに押し上げるため、グループ傘下に組み込む。

代理店の名称はソルウェイ・インターナショナルで、2007年の設立。創業以来、旭ダイヤモンドのダイヤモンド工具とCBN工具の販売に携わり、順調に売上高を伸ばしているほか、販売先からも高い評価と信頼を得ているという。ソルウェイの資本金や、買収額は非公開。来年4月1日までに子会社化を完了する予定。

ソルウェイの17年度(16年4月~17年3月)の売上高は、日本円換算で前年度比36%増の3億3,400万円だった。純利益は42%増の4,300万円。17年3月末時点の純資産は6,700万円となっている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の八百屋がある日、…(06/20)

タイ企業の対インド投資拡大 過去3年で4倍に、巨大市場狙う(06/20)

粉粒体機器アイシン産業、合弁設立へ(06/20)

混合燃料対応車の導入計画、自工会が提案(06/20)

バジャジ、マハ州公社との合弁を子会社化(06/20)

自部品プリコル、スペイン子会社などを売却(06/20)

カーデコ、オンライン保険販売市場に参入(06/20)

米PE企業、260億ルピーで西部のビル取得(06/20)

損保2社、販路拡大で銀行と提携(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン