• 印刷する

米輸入制限がタイ経済に影響=CEO8割

タイ証券取引所(SET)が11日に発表したSET上場企業の最高経営責任者(CEO)を対象に行ったアンケート調査「CEOサーベイ」で、米国の輸入制限措置がタイ経済にマイナスの影響を与えると考えているCEOが81%に上ることが分かった。

アンケートに回答したCEOは119人。米国の輸入制限措置がタイ経済に影響を及ぼす可能性について、「マイナスの影響が大きい」が12%、「マイナスの影響がある」が69%だった。

輸出関連企業は多くの企業のCEOが「マイナスの影響を受ける」と回答。特に大きな影響が懸念される業種として、電子部品、衣料品、自動車、農産物、家庭用品、事務用品、建材などが挙がった。

一方で、石油化学、化学品、エネルギー、インフラなどの業種を中心に全体の7%に当たるCEOが「米国の輸入制限措置はタイ経済にとってプラスの影響がある」と回答した。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(14:19)

テイクオフ:学校に制服は必要か――…(01/17)

バンコクで大気汚染が悪化 バイオ燃料利用促進、工場検査も(01/17)

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

レムチャバン港入札、応札期限を1カ月延長(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

EGCO、韓国パジュエナジーへの出資完了(01/17)

窯業向け原料供給センター、ランパンに開設(01/17)

じゅうたんTCM、19年売上目標は340億円(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン