• 印刷する

米輸入制限がタイ経済に影響=CEO8割

タイ証券取引所(SET)が11日に発表したSET上場企業の最高経営責任者(CEO)を対象に行ったアンケート調査「CEOサーベイ」で、米国の輸入制限措置がタイ経済にマイナスの影響を与えると考えているCEOが81%に上ることが分かった。

アンケートに回答したCEOは119人。米国の輸入制限措置がタイ経済に影響を及ぼす可能性について、「マイナスの影響が大きい」が12%、「マイナスの影響がある」が69%だった。

輸出関連企業は多くの企業のCEOが「マイナスの影響を受ける」と回答。特に大きな影響が懸念される業種として、電子部品、衣料品、自動車、農産物、家庭用品、事務用品、建材などが挙がった。

一方で、石油化学、化学品、エネルギー、インフラなどの業種を中心に全体の7%に当たるCEOが「米国の輸入制限措置はタイ経済にとってプラスの影響がある」と回答した。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

塗料イーソン、自動車組み立て新会社に出資(11/16)

PTT、冷蔵施設開発を取締役会で協議へ(11/16)

ロジャナ、不動産開発の新会社2社設立(11/16)

不動産チワタイ、毎年8件以上に着手方針(11/16)

カイディー、不動産売買サイト立ち上げ(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン