• 印刷する

高速通信の料金低下が課題、世銀が提言

世界銀行は12日、マレーシア経済のデジタル化推進に関する提言をまとめた報告書「マレーシアのデジタル経済―新たな開発の原動力」を公表した。より機能的で、競争力を持つ経済のデジタル化を実現すべきとしている。12日付サンが伝えた。

世銀は同報告書で、特に◇高速で低価格のインターネット接続◇最適な教育課程を通じた人材育成◇生涯学習の実践◇将来的に見込まれるデジタル関連税収の確保――の4項目を重要課題として指摘した。世銀のリチャード・リコード主任エコノミストは、「マレーシアでは携帯電話の普及がめざましいが、市場競争の欠如などにより、高速通信の速度改善や価格の引き下げが他国に比べて遅れている」とコメント。特に価格が最大の課題になっているとの見方を示した。

世銀のデジタル開発関連の専門家は、過去10年間でマレーシアはデジタル化に関して世界の「優等生」だったとしているが、報告書は「現状に甘んじて状況を改善しない場合、マレーシアの国際競争力は向こう10年間で減速する」と警告している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアの政権交代か…(11/14)

百貨店パークソン、ビエンチャンで近く開業(11/14)

首相後継、求心力維持が課題 ジェトロ・アジ研セミナー(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

RM=27.2円、$=4.19RM(13日)(11/14)

10月の空港利用者、前年同月比1.3%減(11/14)

MRCB、ジョ州高速の事業権終了で合意(11/14)

政府が空港株式30%売却か、REIT創設で(11/14)

三栄コーポ、マレーシアに家具工場を設立(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン