• 印刷する

SCG、供給網管理にブロックチェーン導入

サプライチェーンの取引にブロックチェーンの導入を発表したSCGのユタナー副社長(左)=12日、バンコク(NNA撮影)

サプライチェーンの取引にブロックチェーンの導入を発表したSCGのユタナー副社長(左)=12日、バンコク(NNA撮影)

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)は12日、同社のサプライチェーンの取引にブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入すると発表した。8月中旬に一部業者との間で試験的に開始しており、今後順次拡大する。サプライチェーンの取引・管理の効率化を推進する。

サイアム商業銀行傘下のベンチャー・キャピタル(VC)、デジタル・ベンチャーズと提携し、米国のブロックチェーン開発大手R3の技術を使ったサプライチェーンの取引プラットフォーム「ブロックチェーン・ソリューション・フォー・プロキュア・トゥー・ペイ(B2P)」を立ち上げた。B2Pは、商品の発注から支払いまで処理できることに加え、税務処理のためのインボイスも発行するという。SCGのサプライチェーンは、1万社強。サプライチェーンの取引では従来、書類のやり取りに多くの人員と時間、輸送費がかかっていたが、B2Pの導入でこれらを半分に削減できる他、安全性や信頼性も高まると予測している。

SCGのユタナー副社長によると、8月中旬には、化学系のサプライヤー10社とB2Pを通じて取引を実施。6カ月以内に石油化学系にも導入を広げ、将来的には海外のサプライヤーとの取引にも導入する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/18)

帰国者1人が死亡、死者は6月以来(18日)(09/18)

【ウィズコロナ】HIS、学研教室運営に参入 独自ネットワーク活用し相乗効果(09/18)

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一(09/18)

8月の自動車生産、30%減の11.7万台(09/18)

8月の自動車輸出、30%減の5.7万台(09/18)

発電3公団、EV充電スタンドの増設加速(09/18)

8月失業率1.9%、若者・東北部・農業深刻(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン