• 印刷する

計画投資省に「九州デスク」、越進出支援

MOU締結10周年の記念品を交換する計画投資省のブー・ダイ・タン次官(右)と九州経済国際化推進機構の麻生泰会長=10日、福岡市(NNA撮影)

MOU締結10周年の記念品を交換する計画投資省のブー・ダイ・タン次官(右)と九州経済国際化推進機構の麻生泰会長=10日、福岡市(NNA撮影)

国際機関日本アセアンセンター、ベトナム計画投資省などの主催による「ベトナム投資環境フォーラム in 九州」が10日、福岡市で開かれた。九州経済国際化推進機構と、ベトナム計画投資省が経済協力に関する覚書(MOU)を締結して10周年になるのを記念したもの。

計画投資省のブー・ダイ・タン次官が登壇し、ベトナムへの積極的な投資を呼び掛けた。特に投資を望む分野として、(1)民営化した国営企業の株式(2)官民連携(PPP)方式で進める港湾・空港などのインフラ整備(3)スタートアップ企業――の3分野を挙げた。

また裾野産業の発展に向けて、福岡県については特に電子、自動車部品などの投資を期待していると述べ、「大手企業だけでなく中小企業にもベトナム投資は大きなメリットがある。最良の条件を付与したい」と力説した。

九州企業の投資相談や、ベトナム地方政府との連携をスムーズにするため、計画投資省内に「九州デスク」を設ける考えを示した。同省には日本企業の相談に対応する「ジャパンデスク」が既にあり、ほかに「関西」「埼玉」「愛知」などのサポートデスクもある。

フォーラムではこのほか、日本企業向けベトナム人材育成企業のエスハイ(ホーチミン市)、ベトナムに製造拠点を持つ介護ベッドメーカーのプラッツ(福岡県大野城市)の幹部が講演した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越のモバイル決済、伸び最大 携帯大手参入も「利用は限定的」(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

HCMメトロ、住宅工事で地盤沈下の恐れ(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

ガス供給量減少、南部の電力生産に危機感(04/24)

日越4団体、産学連携で溶接技術の研究(04/24)

ソニー、4KELテレビの最上位機種を発表(04/24)

ズンクアット製油所、1Qの純益2600万ドル(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン