• 印刷する

国際商工会、密輸対策の作業部会創設を要請

マレーシア国際商工会議所(MICCI)は5日、政府に密輸対策の特別タスクフォース(作業部会)を創設するよう呼びかけた。特に酒類・たばこの密輸横行で税収に大きな穴が開いていることを問題視したもので、政府が省庁の垣根を超え、結束して取り締まりを強化するよう求めている。6日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

タン・チェンキアット会頭は記者会見で、密輸による税収減が年80億リンギ(約2,148億円)に上るとの試算を示した上で、「マレーシアの経済的主権が脅かされている」と指摘。政府が特別作業部会を創設し、対策を強化する必要性を強調した。

MICCIは同部会について、税関局、貿易産業省、財務省、国内取引・消費者省、保健省、警察、海上法令執行庁(MMEA)など関連省庁・機関が派遣するスタッフで構成するよう提言している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤電車の中、ひそかに…(01/17)

新車販売、19年は横ばい 政府に承認の迅速化要請=MAA(01/17)

RM=26.4円、$=4.11RM(16日)(01/17)

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(01/17)

MDECの新CEOに米国帰りのスリナ氏(01/17)

巡礼基金、債券投資重視へ戦略転換(01/17)

ゲンティン、増税でコスト削減強化(01/17)

イスカンダルの18年投資誘致、目標を突破(01/17)

マレーシアのファンダメンタルズ強固、世銀(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン