• 印刷する

宿泊施設、観光客増で新たに10万室必要

カンボジア観光省は、外国人観光客の増加に伴い、2028年までにホテルなどの宿泊施設で新たに10万室以上が必要になるとの見方を示している。このうち6万室は高級タイプが求められるという。クメール・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。

タオン・コン観光相が明らかにした。外国人観光客の数は30年までに1,500万人に増え、17年実績の2.4倍に拡大する見通し。観光業のインフラ整備が急務になっている。特にシアヌークビル州では外国人観光客が300万人に増えることが見込まれ、新たに3万室が必要という。

カンボジアには現在、800軒以上のホテルがあり、客室数は4万6,000室に上る。このうち5つ星ホテルは2万室以上。シアヌークビルには約70軒のホテルがあり、4,000室を超える。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資(09/19)

中租控股、金融セルカードの60%株取得(09/19)

米商議所、米政府に制裁強化の再考要請(09/19)

首都空港、駐車場の自動精算機を本格運用(09/19)

財閥ロイヤル会長が首位、富豪ランク(09/19)

補償求め労働者500人デモ、4号線封鎖(09/19)

国連の人間開発指数、前年同様の146位(09/19)

ベトナムとの国境貿易協定、交渉加速へ(09/19)

11月の水祭り、首都は準備を指示(09/19)

【予定】19日 日銀総裁会見ほか(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン