• 印刷する

19年最低賃金策定へ、3者協議を開始

カンボジアのイット・サムヘン労働相は3日、2019年に縫製業に適用する法定最低賃金を策定するため、労組と雇用者側の各代表、政府当局からなる3者協議を開始した。

カンボジア衣料業界労働者民主組合連盟(CCAWDU)のアス・トーン代表によると、労組側は6日の最低賃金協議で、月200米ドル(約2万2,000円)以上を提案する計画だ。一方、労働省報道官は、各種手当を含めて月180米ドル、残業代を含めて月231米ドル相当での合意を見込んでいる。現在の最低賃金は月170米ドル。

雇用者側の代表によると、これまでのところ協議は円滑に進んでおり、10月初旬の「プチュンバン(盂蘭盆)」までに合意に至る見込み。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡(06/17)

トルコと首脳会談、貿易10億ドルに拡大へ(06/17)

証取委、香港系イースタンと人材開発で提携(06/17)

労働者はITの技術訓練強化を、首相(06/17)

中国政府、上院に63万ドル相当の寄贈(06/17)

広東でデング熱急増、前年の5.5倍(06/17)

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン