• 印刷する

退役軍人が新党設立申請、20年総選挙に向け

ミャンマーで2020年に行われる予定の総選挙に向けて、国軍の元将軍らが新党の設立を申請した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

ミャンマー選挙管理委員会(UEC)の広報担当者によると、ソー・テイン元大統領府相、ルン・マウン元会計検査院長官を含む退役将軍ら15人が先ごろ、新党「国家政治党」(National Political Party)の設立を申請した。新党を設立するとのうわさが流れていたトゥラ・シュエ・マン前下院議長の名前は含まれていないという。

内務省と移民局が現在、申請者15人の調査を実施している段階。報告書が提出され次第、選管が新党設立を認めるかどうか判断するという。

ソー・テイン氏は国軍の元将軍。テイン・セイン前政権下で大統領府相を務めた。15年の総選挙では、軍系野党、連邦団結発展党(USDP)の候補として、中部マグウェー管区イェサゴ郡区から出馬した。

ルン・マウン氏も国軍の元将軍。テイン・セイン前政権下で会計検査院長官を解任された経緯がある。現在は東部モン州ビリン郡区で飲食店を経営している。選管によると、15人の中には退役軍人以外も含まれている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

テレノール、欧州信用情報サービスと提携(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

鉄鋼需要が年12%成長、国内生産追いつかず(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

採掘免許の申請増、大半が不備で受理されず(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

米タイム誌、今年の人にロイター記者を選出(12/17)

日本と東南ア5カ国、災害リスク保険で覚書(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン