《知財》華為とサムスンの知財訴訟、広州で審理開始

通信設備・機器世界最大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)の通信端末子会社が知的財産権を侵害されたとして、韓国サムスン電子の中国法人を訴えた裁判の初公判が8月30日、広州知識産権法院(広州知的財産裁判所)で始まった。原告はサムスン側に1,500万元(約2億4,400万円…

関連国・地域: 中国-広東韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

テイクオフ:江戸時代に前野良沢や杉…(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

一帯一路、投資企業の51%黒字 悩みは人材不足やインフラ未整備(11/22)

20年の祝日発表、国慶節は8連休に(11/22)

MRTの新車両基地、中国企業が受注(11/22)

ペット再資源化84.6%、中国輸入禁止も横ばい(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

確定申告免除に新基準、総合所得12万元以下(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン