パニアン炭鉱の環境回復事業、来年6月完了

フィリピンのコンスンジ財閥系の炭鉱・発電会社セミララ・マイニング・アンド・パワー(SMPC)は4日、セミララ島のパニアン炭鉱南部の環境回復事業が来年6月に完了すると発表した。ドゥテルテ政権が鉱山の環境規制を強化していることを受け、同事業は当初の10年計画から2年…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ICTSIのマニラ北港買収、競争委が承認(12:37)

テイクオフ:「シャチョー」「エクス…(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

台湾二輪キムコ、電動スクーターお披露目(03/25)

仮想通貨のATM設置、中銀が登録義務付け(03/25)

22日為替:$1=52.320ペソ(↑)(03/25)

食品URC、ダバオ製粉所の能力3倍に増強(03/25)

外食マックス、18年は8%増収(03/25)

ルシオ・タン氏ら創設の航空学校が開校(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン