• 印刷する

テイクオフ:中国語で最も画数が多い…

中国語で最も画数が多いとされる漢字が「ビャン」の文字。ピンイン表記ではbiangで、画数は58だ。しんにょうの上に「穴」「馬」「言」「心」などがどっさり乗っており、バランスが心配になる見た目。学校の漢字ドリルで出されたら、書くだけで日が暮れてしまいそうだ。

パソコンでは表示できないこの文字を使った「ビャンビャン麺」は、内陸の陝西省の名物料理。現地でしか口にする機会はないと思っていたが、ここ香港にも提供する店があった。きしめんより幅広く、やけに長い麺は、つるんとした食感が特徴。スパイシーな味付けも悪くない。

店の近くには、今月開通予定の広州―深セン―香港を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄」の西九龍駅が見える。本土の郷土料理を味わう機会は今後さらに増えるかもしれない。とはいえ説明が大変なので、文字の画数は少なめでお願いしたい。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

4日続落、医療関連が安い=香港株式(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン