• 印刷する

果物の輸入、17年は過去最高に

韓国関税庁は3日、2017年の果物の輸入額が12億4,000万米ドル(約1,376億円)、輸入量は83万4,000トンだったと発表した。輸入額は08年比で2.4倍増、輸入量は58.3%増となり、過去最高を記録した。

今年1~7月の輸入額は10億米ドルで前年同期比7.6%増加。今年も輸入増加傾向が続いている。

昨年輸入が多かった品目(金額ベース)はバナナ、オレンジ、ブドウ、チェリー、キウイの順だった。バナナは06年以降、トップを維持している。08年以降、輸入が急増したのはアボカドやマンゴーで、アボカドの輸入額は昨年3,000万米ドル、08年以降1,458.3%の増加幅を記録した。健康食として注目され輸入が増えており、増加傾向は今後も続くとみられる。マンゴーの昨年の輸入額は08年比で701.2%増の5,000万米ドルだった。食品業界でマンゴーを使った商品が増加したことによるものとみられる。

昨年の輸入を国・地域別で見ると、米国、フィリピン、チリ、ニュージーランドの順に多かった。米国からの主要輸入果物はオレンジ、チェリー、レモンなど。

果物の輸入単価は1キログラム当たり1.47米ドルで、08年比で49.2%上昇した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本で両替なし簡単決済、カカオが来年開始(13:42)

テイクオフ:最も好きな韓国料理「ア…(11/20)

危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少(11/20)

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(11/20)

LGグループ、新会長の下で経営革新か(11/20)

半導体や石化、19年は後退局面の予想(11/20)

仁川港湾公社、海外拠点を上海と越に移転(11/20)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(11/20)

中アルミ企業が韓国進出か、米中貿易戦争で(11/20)

韓国の済州航空、越路線の開拓計画を発表(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン