20年に国勢調査、分析方法など議論

ラオスの首都ビエンチャンで、国勢調査の新たな分析・算出手法などを協議する会合が、関係国や国連人口基金(UNFPA)の主催で開かれた。ラオスでは、2020年に国勢調査が実施される。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 会合にはラオスのほか、カンボジア、ブータン…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米政府が相次ぎ支援、新型コロナ拡大予防(05/28)

初等教育支援へ教材を配布、豪欧が共同で(05/28)

1200人超がデング熱に感染、2人死亡(05/27)

【新ラオス法】第16回・ラオス投資奨励法の一部改正について(05/27)

割賦ティティコン、3Qにミャンマー進出へ(05/27)

新型コロナへの対応など協議、月例閣議(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン