• 印刷する

【アジメシ】飲茶ランチは働く香港女子の活力源

アジア各地の働く社会人のランチタイムにおじゃまし、食文化や人生観を探ろうという新企画、アジアの昼メシ、略して「アジメシ」。第1回目の舞台は、“食得是福”(食べることは幸せにつながる)の精神が息づく香港。金融系企業で働く女性ふたりが、飲茶(ヤムチャ)の名店を案内してくれました。(取材=NNA香港編集部 神保智)

金融系企業で働くテイさん(左)とワイさん(右。いずれも仮称)。明るい笑顔が印象的=香港(NNA撮影。以下同)

金融系企業で働くテイさん(左)とワイさん(右。いずれも仮称)。明るい笑顔が印象的=香港(NNA撮影。以下同)

香港を代表グルメといえば飲茶。旅行者には“ハレの日ご飯”だが、地元のビジネスマンやOLはランチでも気軽に利用していて、今回登場してくれたアラサー世代のテイさんとワイさんも同様。会社の同僚であるふたりが「料理のクオリティーが高く、何を注文してもハズレがない」と今日の昼メシに選んだのは、オフィス街、アドミラルティー(金鐘)にある名都酒樓(Metropol Restaurant)だ。
昼食時は周辺ビルで働く人々で大賑わい。フロア内のオープンキッチンで直接注文すれば、その場で作ったものを提供してくれる

昼食時は周辺ビルで働く人々で大賑わい。フロア内のオープンキッチンで直接注文すれば、その場で作ったものを提供してくれる

実はこのお店、横浜中華街に本店を構える聘珍樓(へいちんろう)の香港分店で、1990年にオープン。客席が約1,200席(!)という超大型店舗だ。スタッフがほかほか点心をワゴンに入れ店内を回り、客がその中から食べたいものを選ぶワゴンサービス式で飲茶を楽しむことができる。(ちなみに、最近は香港でもワゴン式で提供するお店が減少し、レアなサービスとなりつつある)。

テイさんとワイさんがここに来るのは月に1回程度。「おススメはエビ餃子(43HKドル。約610円)。飲茶の定番料理でどこのお店にもあるけれど、名都酒樓のものはエビがたっぷり。皮もモチモチしている」と、おいしそうにエビ餃子をほおばりながら答えてくれた。

点心は1品、30HKドル~80HKドル。おすすめのエビ餃子(写真右端)は43HKドル(時間帯・曜日によって変動あり)

点心は1品、30HKドル~80HKドル。おすすめのエビ餃子(写真右端)は43HKドル(時間帯・曜日によって変動あり)

ふたりとも香港生まれの香港人で、勤め先は金融系企業。香港の主要産業であるだけに、ハードな労働環境が思い浮かぶが、「会社はアットホームで、チーム内のスタッフ同士の距離も近く働きやすい」と満足げ。テイさんとワイさんはいずれも両親と同居中で、週末の過ごし方は「映画が好きで月3回は行く」(テイさん)、「バドミントンの試合に向けて練習」(ワイさん)とアクティブ。合わせて6品の点心を食べて、お会計は、ひとり約150HKドル(約2,100円)。たっぷり食べて、じっくりおしゃべりして約1時間。元気に働く香港女性に、飲茶ランチはよく似合う。

<DATA>

名都酒樓(Metropol Restaurant)

住所:4/F, United Centre, 95 Queensway, Admiralty

営業時間:08:00?00:00(深夜)

定休日:なし

最寄り駅:MRT アドミラルティー(金鐘)駅

※特集「アジメシ」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2018年7月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

山梨県が販売拠点廃止、輸出増で方針転換(18:16)

韓美薬品の前立腺肥大症治療剤、日本に輸出(19:24)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

日本の対越投資、4位に後退 19年は件数増も製造は前年割れ(02/27)

海外からの入国者隔離の動き 山東省各地で、日韓など対象(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

日本との航空便停止へ、モンゴル(02/27)

東急不、初の複合開発を着工 分譲は4割成約、23年引き渡しへ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン