• 印刷する

スタバに似たコーヒー店に名称変更の仮命令

米コーヒーチェーン大手のスターバックスが店名とロゴの酷似を理由にインドの同業を相手取って起こした訴訟で、デリー高等裁判所がスタバの主張を認め、インド企業に店名とロゴ変更の仮命令を出したことが分かった。エコノミック・タイムズ(電子版)が29日に伝えた。

被告のインド企業は、「サルダルバクシュ(Sardarbuksh)」の名称で首都ニューデリーに5店舗を展開。スターバックスは7月に訴訟を起こし、8月1日にデリー高裁が仮命令を下した。デリー高裁は、店名をサルダージ・バクシュ(Sardarji-Buksh)に変更するよう求めている。

スターバックスの広報担当者は今回の訴訟に関して、「消費者の混乱を避けるため、商標などの侵害行為に断固として立ち向かう」とコメントした。一方、サルダルバクシュ側は、店名はヒンディー語の「サルダル」と「バクシュ」を組み合わせたもので、スタバを意識したネーミングではないと主張。ロゴに関しても「スタバの要求に応じて昨年の時点で変更済み」と語っている。

サルダルバクシュは今後開業を予定する30店舗では、変更後の名称を用いるという。既存5店舗は最終判決が下るまで、現在の名称のまま営業する。

スターバックスはタタ・グループとの合弁で2012年にインドに進出。125店舗を展開している。

スターバックス(左)とサルダルバクシュのロゴマーク(両社のオフィシャルフェイスブックより)

スターバックス(左)とサルダルバクシュのロゴマーク(両社のオフィシャルフェイスブックより)


関連国・地域: インド米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年の住宅販売は18%増加 主要7都市、在庫2年ぶり低水準(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

業界団体、EV普及予算2千億ルピー求める(01/18)

アショク、アーメダで電動バス50台運用へ(01/18)

シュコダ、昨年度の税引後利益は66%減(01/18)

浄水器のAOスミス、46都市へ販路拡大(01/18)

ビデオテックス、テレビ増産に5億ルピー(01/18)

地場テレビOEM、第4工場を南部に検討(01/18)

地場タイヤ原料、南部3州と工場設置を協議(01/18)

エニーペイ、印オンライン決済社に追加投資(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン