• 印刷する

テイクオフ:インドネシア・ジャカル…

インドネシア・ジャカルタで開催中のアジア大会が盛り上がりを見せている。競泳女子の池江璃花子は24日の50メートル自由形で優勝。日本人選手で1大会最多となる6個目の金メダルを獲得し、メディアをにぎわせた。

25日には今回から採用された柔術で、19歳のシンガポール人選手コンスタンス・リエンが女子62キロ以下級で銀メダルを獲得した。同競技では、かつて競泳五輪代表として活躍したシンガポール人のオイ・メイが女子62キロ級に登場。接戦の末、惜しくも初戦で敗退したものの、存在感を示した。

相手を倒した後の寝技、関節技でポイントを競う柔術は、中東や中央アジアで盛んという。もともとは日本発祥の競技だが、近年は「国技」的存在となった柔道の前に影は薄く、今回も日本人選手は出場していない。海外で広がりつつある柔術。日本でも見直す動きが出てもいいのでは。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(16:33)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

テマセクが昇給凍結、新型肺炎問題支援で(17:19)

デジタル銀、比進出へ600万Sドル調達(17:19)

再生水ビールが再登場、初の小売販売も(17:19)

テイクオフ:シンガポールでの新型コ…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン