• 印刷する

タカラバイオ、東亜STとライセンス契約

研究用試薬・理化学機器製造のタカラバイオ(滋賀県草津市)は22日、細胞の中に入って腫瘍を壊す腫瘍溶解性ウイルス「C―REV」の商業化に向け、韓国製薬大手の東亜STとライセンス契約を結んだと発表した。

タカラバイオは、韓国における開発・販売権を譲渡することで、東亜STから契約一時金収入のほか、開発の進展に応じたマイルストーン達成金などを含めて最大で3億円を受け取る。製剤は別途に有償で提供する。一定期間ごとにライセンスに対するロイヤリティーも受け取る。

腫瘍溶解性ウイルスは、正常な細胞内ではほとんど増殖せず、がん細胞内で特異的に増殖することでがん細胞を破壊する。また破壊されたがん細胞の断片を通じて、投与部位以外のがんも縮小できるという。

タカラバイオは腫瘍溶解性ウイルスなど、遺伝子治療の早期商業化に力を入れている。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「休みでも家事や育児で…(06/26)

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(06/26)

経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ(06/26)

中小企業の9割、下期投資拡大せず(06/26)

SBI貯蓄銀行、モバイルサービス開始(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

ウリ金融、2022年までに完全民営化へ(06/26)

SKTとLG、5Gクラウドロボット開発(06/26)

ポスコケミカル、電池素材に10兆ウォン投資(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン