• 印刷する

中銀の仮想通貨、19年から銀行間送金に使用

タイ中央銀行(BOT)は21日、商業銀行8行、分散台帳技術(DLT)プラットフォーム開発の米R3と共同で、独自の仮想通貨「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」を発行して銀行間送金に使用する事業「プロジェクト・インタノン」のフェーズ1を開始すると発表した。金融システムの効率性向上が目的で、同日に共同事業の実施に合意した。

フェーズ1では、R3のDLTプラットフォーム「Corda」に基づいてCBDCを発行、決済するシステムを開発する。来年第1四半期(1~3月)に完成する見通しで、当初は銀行間送金に使用する。将来的には、政府貯蓄国債の電子発行などへの応用も視野に入れている。

R3は、世界各地の中央銀行、金融機関とCordaを運営するコンソーシアムを結成している。

事業に参加する商銀8行は、バンコク銀行、クルンタイ銀行、アユタヤ銀行、カシコン銀行、サイアム商業銀行、タナチャート銀行、スタンダード・チャータード銀行(タイ)、HSBC。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝、寝覚めに体重計に…(06/01)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

制限緩和第3弾、きょう実施 マッサージ店や映画館が営業再開(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

新規感染者4人、海外からの帰国者(31日)(06/01)

労働許可証の保有者、緊急用件で入国許可も(06/01)

4月の外国人旅行者はゼロ、入国禁止措置で(06/01)

各地のビーチがきょう再開、制限緩和受け(06/01)

王宮が6月4日に再開、観光客受け入れ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン